こだわりの米作り|循環型農業で安全・安心な特別栽培米こしひかり【ならの里】

農事組合法人ならやまは「循環型農業」で安全・安心なお米をご提供いたします。
トップページ 農事法人ならやまのこだわりの米作りをご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の美味しさの秘密「循環型農業」をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は新潟県三条市下田地区の雄大な自然によって育まれます。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の商品をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまのご紹介および、特定商取引に基づく表示のページへジャンプします 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」のご注文のメールフォームのページへジャンプします。また、お問い合わせもお気軽にどうぞ。
トップページ > こだわりの米作り

農事法人ならやまのこだわりの米作り

10〜3月頃 田起こし・追肥・土壌作り

 私達が暮らし米作りをしている新潟県三条市下田地区は、新潟県魚沼地区や福島県とは山を挟んだお隣という位置にあります。暮らすにはとても大変な豪雪地帯ですが、雪解けの水には栄養がたっぷり含まれ美味しいお米ができる隠れた米産地です。
 私達の米作りは、米の収穫が終わったその時から始まります。雪解け水がたっぷりと栄養を運んでくれますがそれだけでは十分とは言えません。私達の進める「地域内循環型農業」で出来た良質な堆肥を、収穫後の田んぼに撒き「土壌作り」を行います。
 秋に田んぼの水を抜いて乾かし、春に深く耕して地力を向上させます。肥料をまいてから田起こしをして土に肥料をまんべんなく混ぜ込みます。この時に有機物が鋤込まれ、微生物やミミズなどが分解して養分を作り出します。土を起こして乾かすと、土に空気がたくさん含まれ稲を植えたときに根の成長が促進されます。

4月頃 育苗

 育苗はJAにお願いしています。JAでは厳選管理が行き届いていて、元気で良質な苗を提供してくれます。

4月頃 畦塗り・代掻き・田起こし

 田んぼの畦が低くなっていたりするので、荒れた畦に土をすくい上げながら塗って田んぼ周りを整えます。その後、田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻きを行います。田んぼの水もちを良くしこれから始まる田植えをしやすくする為に行います。
 田植えに向け雪解け水が染み渡った田んぼをトラクターで耕し、田起こしをします。田起こしで雑草の種子が深く埋まることになり雑草の発生を減らすことが出来ます。年を追うごとに土が柔らかく深い田になり養分や水持ちが良い稲作に適した田んぼになります。

5月頃 田植え

 一年で一番忙しい田植え作業を「ならやま」では組合員の共同作業で行います。作業もはかどりますし、農機具を共同所有することでコストの削減にもなります。
 近年は種籾をそのまま田んぼに蒔く「直播き栽培」「ラジコンヘリを使った直播き栽培」も試験的に導入しています。

6〜9月頃 除草・追肥・育稲

 稲の成長に合わせ水の量を調節します。水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします。
 この時期は雑草も元気に育ちますので、土中の栄養が雑草に取られない様に除草は欠かせません。田んぼのなかだけではなく、畦の草刈りも大切な作業です。夏の暑い時期にはとても大変な作業ですが、稲が元気に育ってくれるように願いながら行います。
 新潟県下田地区は夏の日中はとても気温が上がりますが、夜には気温が下がり、稲作にはとても適した気候です。

10月頃 稲刈り・秋餅

 穂が出そろってからおよそ40~45日たつと成熟期になり、黄金色の田んぼが広がります。穂の熟し具合と天候をみながら稲刈りを行います。コンバインを使って刈取り、脱穀、乾燥、籾摺りを行います。
 「ならやま」の田んぼで穫れた農薬使用を最低限に抑えたお米は、隣の集落にある「新潟県畜産研究センター」の牛に飼料用米として与えられます。ならやまのお米を食べた「新潟県畜産研究センター」の牛は糞をします。その健康的な牛糞は、回収されJA堆肥センターで熟成され良質な肥料となり、「ならやま」の田んぼにまかれます。こうして「地域内循環型農業」が、本来あるべき自然の循環を取り戻し、収穫されたお米を食べる私達にはもちろん、自然にもとても優しいものとなります。
 収穫を祝うお祭り「秋餅」は前日から準備に入り、当日は男性が子供達と大きな臼で餅をつきます。女性陣はつきたての餅をあんこ、きなこ、雑煮で集落の人にふるまって喜ばれています。
  収穫後には田んぼに籾殻や堆肥、米ぬかなどをまいて土作りを行ったり、田んぼの水漏れや畦の壊れた場所を直したり、農機具の修理を行ったりと、来年のお米作りに備えます。

美味しいお米を作るためにとても大切な土壌をつくるための堆肥撒き作業

堆肥撒き作業

田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻き

代掻き

JAで育苗された元気で良質な苗

元気に育った苗

今日で行う田植え作業

田植え作業

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

共同で行う畦の除草

除草作業

水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします

溝きり

黄金色の田んぼの画像を準備中です

黄金色の田んぼ

稲刈り

稲刈り

収穫後に行う「秋餅」は集落のみんなが楽しみにしています。

秋餅

米作りのアルバム

過去のアルバムのページへ→  

[コシヒカリの穀物検査] 2022.09.24
24日の土曜に1回目のコシヒカリの穀物検査がありました。
約900袋全て一等米でした!

コシヒカリの穀物検査

コシヒカリの穀物検査

コシヒカリの穀物検査

コシヒカリの穀物検査

コシヒカリの穀物検査は約900袋全て一等米でした

約900袋全て一等米でした

[コシヒカリの稲刈り&はざ掛け] 2022.09.17&18
いよいよコシヒカリの稲刈りが始まりました。
今年のお米の作柄は?

4年目の『はざ掛け米』。毎年大好評で自慢のお米です。
山手の田んぼで育てたコシヒカリをバインダーで刈り取って、平場の田んぼに運び、はざに掛けていきます。
そのバインダーが故障してしまいましたが、ネットで検索&ポチっとして解決。
今年も小学生の助っ人が作業を手伝ってくれました。

「はざかけ米」は天日干しで一週間から10日間かけてじっくり自然乾燥させます。
お米一粒一粒が完熟した状態になり、さらに美味しいお米になります。

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリ

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリ

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

▼はざ掛け米の稲刈り&はざ掛け

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り

はざ掛け米の稲刈り
はざ掛け
はざ掛け
はざ掛け
はざ掛け
はざ掛け
はざ掛け
はざ掛け

[こしいぶきの稲刈り] 2022.09.05
兼業農家の稼ぎ時の土日が雨続きで稲刈りができなかったのですが、ベテランファーマー達が平日に作業を担ってくれて、酒米「五百万石」と、もち米「こがねもち」の稲刈りが終わりました。

「こしいぶき」の稲刈りは8月31日から始まりましたが雨があり予定通り進まず・・・。
こちらもベテランファーマー達が活躍してくれています。
5日は夏の日差しが戻り最高気温が34度を超える中で、熱中症に気をつけて作業を進めています。

稲刈りが終った米は当法人の乾燥施設に搬入し、乾燥させます。
31日に稲刈りをしたこしいぶきは乾燥し昨日、品質検査を受けました。
全て1等米でした。
ちなみに、当法人の乾燥施設は全てLED照明を使用しています。
LEDの光は蛍光灯の光と違い「虫が集まりにくい」ということで、「虫混入防止」の観点からLED照明にしました。

こしいぶきの稲刈り

こしいぶき

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

こしいぶきの稲刈り

乾燥調製施設へ

乾燥調製施設へ

乾燥調製施設へ

乾燥調製施設へ

乾燥調製施設へ

乾燥調製施設へ

品質検査を終えた米

品質検査を終えた米

品質検査を終えた米

1等米でした

[今年最初の稲刈り] 2022.08.20
ことしも当法人の稲刈りトップバッターは極早生品種「ちほみのり」。
作柄は“上々”のようです。
「ちほみのり」はスーパーのお弁当用などに使われるお米です。
もうすぐ店頭に並ぶと思います。
新米ちほみのりをぜひ皆様、お召し上がりください。

ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り
ちほみのりの稲刈り

〔ソバ撒き〕  2022.08.11
畑とソバ田にソバ種を蒔きました。

今年度からソバの播種機を導入しました。
毎年暑い中、動力散布機を背負い、種と肥料を蒔いていたのですが、この機械のおかげで「耕運、播種、施肥、鎮圧」をトラクターに乗ったまま作業ができるので、省力化に大きく貢献してくれます。
無駄のない播種になるので収穫量も増える見込みです。

年々増加していく畑を耕作放棄地にしない様に、そしてその畑や田んぼの管理を持続可能にしていくための播種機導入です。

ソバの播種機を導入
ソバの播種機を導入

[稲の生育は順調です]  2022.08.07
ならやまの稲の生育は雨もタイミング良く降り順調です。
極早生品種「ちほみのり」はもうすぐ稲刈りです。
笹岡小学校の5・6年生が田植えを行ったコシヒカリもスクスク育っています。
「コシヒカリ」は出穂が始まったところです。

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

酒米「五百万石」

酒米「五百万石」

酒米「五百万石」

酒米「五百万石」

笹岡小米

笹岡小米

笹岡小米

笹岡小米

直播コシヒカリ

直播コシヒカリ

直播コシヒカリ

直播コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリの穂・花

コシヒカリ

コシヒカリの穂・花

コシヒカリ

コシヒカリの穂・花

コシヒカリ

コシヒカリの穂・花

蜘蛛

蜘蛛

蜘蛛

蜘蛛

イナゴ

イナゴ

[穂肥講習会とちほみのり防除]  2022.07.17
極早生品種「ちほみのり」の穂が出始め、もうすぐコシヒカリの穂肥散布です。
穂肥(ほごえ)は、穂の籾(もみ)を充実させることを目的とした肥料で、出穂(しゅっすい)直前に散布します。

この度、JAにいがた南蒲様のご協力により穂肥の講習会を開催いたしました。
三本様、難波様からご足労いただき、穂肥についての大変有意義なお話を聞くことができました。
穂肥の1回目は色ムラあわせ、2回目は後期栄養維持を目的として2回に分けて撒きます。
1回目のタイミングや撒く量の判断が各田んぼの生育状況により異なるということです。

講習後、「ちほみのり」と酒米「五百万石」のカメムシ防除を行いました。
今年は梅雨が短く水不足を心配していましたが、その後、丁度いい間隔で夕立や雨の日があり、水不足の心配もなくなり秋が楽しみです。

ちほみのりの穂・花

ちほみのりの穂・花

コシヒカリの幼穂

コシヒカリの幼穂

穂肥の講習

穂肥の講習

ちほみのりの防除

ちほみのりの防除

[コシヒカリの田植え]  2022.05.21
みんなが「ここで取れるコメが一番美味い!」という山手の田んぼでコシヒカリの田植えをしました。
田植え機の調子が悪く、一条だけ植え残しがあったので、新組合長自ら「手植え」です。

コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え

[こしいぶきの田植え]  2022.05.04
こしいぶきの田植えです。
天気も良く、作業がはかどります。

今年の苗は根が良く張った『いい苗』です。
平場よりも少し気温が低い下田地区では根の張り具合が重要となります。
今年の『いい苗』で、秋には美味しいお米がたくさん収穫できますように。

こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え
こしいぶきの田植え

[田植え]  2022.05.03
飼料米「新潟次郎」、酒米「五百万石」、もち米「こがねもち」の田植えを田植え機2台フル稼働で行いました。 一時は『あられ』も降る天気でしたが、天候も持ち直し田植えを進めました。

飼料米の「新潟次郎」は当法人が進める「地域内循環型農業」の要のお米です。
隣の集落にある「新潟県農業総合研究所畜産研究センター」の牛さんの餌になる大切なお米です。

新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え
新潟次郎の田植え

[今年最初の田植え]  2022.04.29
田植えが始まりました。最初の田植えは極早生品種「ちほみのり」です。
ちほみのりは主にスーパーでお弁当用に使われます。
皆様にも知らぬ間に、ならやまのちほみのりを食べていただいているかもしれませんね。

ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え

[荒代掻き]  2022.04.24
荒代掻き作業を行いました。
田植え前に水を張り土の塊をくだいて、田んぼを平らにします。
遅咲きの桜が満開です。

荒代掻き
荒代掻き
荒代掻き
荒代掻き
満開の桜
満開の桜

[肥料まき]  2022.04.09
春耕が始まりました。
ならやまの田んぼは、循環型農業のサイクルで作られた堆肥を用いた土作りを行っています。
コシヒカリの田んぼには「有機元肥」を撒きます。
こしいぶき、酒米などの田んぼには、土作り肥料「ソイルマイスター」を撒き堆肥で足りない部分を補います。
写真はソイルマイスターを田んぼに撒いている様子です。

肥料まき
肥料まき
肥料まき
肥料まき

ならやまの自然

楢山集落に咲くさくら

さくら01

楢山集落に咲く桜

さくら02

楢山集落に咲く桜

さくら03

桜と鯉のぼり

桜と鯉のぼり

楢山集落に咲く椿

椿

楢山集落に咲く花々

花いろいろ01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ02

楢山集落に咲く花々

花いろいろ03

楢山集落に咲く水仙

水仙01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ04

楢山集落に咲く花々

花いろいろ05

楢山集落に咲く花々

花いろいろ06

とんぼ01

とんぼ01

とんぼ02

とんぼ02

とんぼ03

とんぼ03

おたまじゃくし

おたまじゃくし

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

楢山集落を流れる楢山川

楢山川

あぜ道の野草

あぜ道の野草

田植え後の田んぼに夕焼け

田植後の田んぼに夕焼け

子供が手づかみで捕まえた蛍 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『ほたる』

子供が手づかみで捕まえたくわがた 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『くわがた』

楢山川の紫陽花

楢山川のあじさい

ほたる大乱舞01

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞02

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞03

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞04

ほたるの大乱舞

アマガエルもいっぱいいます。

アマガエルも

アマガエルもいっぱいいます。

いっぱいいます。

蕎麦の花

蕎麦の花

野の花

野の花

柿も熟して実りの秋真っ盛りです。

熟し柿

秋桜の花が空に向かって咲いています。

秋桜

秋桜

秋桜

黄金色の田んぼ

黄金色の田んぼ